白衣性高血圧

高血圧は、一般的に年齢が高いほどかかるリスクのある疾患ですが、若い方でも遺伝や生活習慣の乱れなどで、なりうる可能性が十分にあります。しかし、高血圧の中でも、「 白衣性高血圧 」というのは、一時的な高血圧なので、心配は要りません。

これは、文字通り、病院で血圧を測ってもらうときだけにおこる症状です。通常、誰でも家庭で測定するよりも、病院で測った数値の方が、高くなる傾向にあります。やはり、家で測るほうが、気持ちがリラックスしている証拠でしょう。しかし、日ごろの数値がグレーゾーンでもなく、まったく正常値の方が、病院で測ったときだけ異常に上がり、高血圧になってしまうのが、白衣性高血圧の症状です。普段、緊張しやすい方、不安症の方が病院で測ると一気に上がってしまうことがあります。血圧計では、脈拍も併せて測定することができますが、脈も通常の倍ぐらいに上がってしまうことがあるようです。

血圧が、尋常じゃないぐらいあがってしまうことがあるので、とても心配される方がいますが、一時的な血圧の上昇なら問題はないようです。もちろん、この状態が日常的に頻繁に起こると、血管や心臓に負担をかけ、本当に高血圧になってしまう可能性はありますが、まず、大丈夫でしょう。そして、白衣性高血圧の方は、トラウマになっている背景があります。また、上がったらどうしよう・・。そんな思いから抜け出せないのです。しかし、自分に大丈夫と言い聞かせてください。診察する前に何度も深呼吸をして、気持ちを落ち着かせましょう。深呼吸は酸素を吸い込むことで、リラックスし、血圧を下げる効果があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>